制度の説明

●3種類のスポーツ医制度の特徴

「健康スポーツ医」は、日常診療や学校医・産業医として運動指導・運動療法を行い、自治体と協力して地域の健康増進事業やスポーツ大会での救護活動などを行う医師です。

「日本整形外科学会認定スポーツ医」は、整形外科的な知識や技量に基づいた運動の指導を行い、運動による外傷・障害の予防や治療を行う医師です。「日本体育協会公認スポーツドクター」は、運動能力に優れている都道府県大会や、国体、オリンピックなどに出場する運動選手(アスリート)を主な対象として運動による外傷や障害の予防・治療を行う医師です。

健康スポーツ医制度の発足とともに、健康スポーツ医の資格を取得するための講習会の基礎となる科目が「健康スポーツ医」、「日本整形外科学会認定スポーツ医」、「日本体育協会公認スポーツドクター」の共通したカリキュラムとなりました。

日本整形外科学会や日本体育協会は、この講習会に加えさらに各々の専門的な講習会を行いそれぞれの資格を得ることができるようになりました。

共通の講習会の科目は当初は21科目でしたが、2011年(平成23年)からはアンチドーピング、障害者とスポーツ、保健指導、スポーツ現場での救急処置の4科目が追加され25科目になり、全科目時間が60分に統一されました。

2012年(平成24年)からは日本整形外科学会や日本体育協会においてもそれぞれの専門的な科目についても見直しが行われ、それぞれ新カリキュラムに移行しました。

●健康スポーツ医の認定について

1. 認定要件(新規申請)

 日本医師会が実施または承認した健康スポーツ医学講習会(前期13科目 後期12科目 合計25科目)の修了者、または、受講免除対象の医師(認定番号が4001番以上の日本整形外科学会認定スポーツ医、日本整形学会スポーツ医学研修会総論A修了者、日本体育協会公認スポーツドクター、日本体育協会公認スポーツドクター養成講習会基礎科目修了者)です。

 上記の医師は、所属する都道府県医師会(医師会員でない医師は勤務地の都道府県医師会)に必要書類を添えて提出します。その後、都道府県医師会長が書類などを審査し、日本医師会長に推薦します。日本医師会長は、推薦された医師について審査を行って認定し、認定書の交付を行います。日本医師会は、認定健康スポーツ医登録台帳に認定証被交付者名などを登録します。認定有効期間は5年間です。

2. 更新要件

更新を行うためには、認定証の有効期限内に次の要件を満たすことが必要です。

1) 日本医師会が実施または承認した再研修会5単位以上を受講終了していること

(平成23年4月1日から28年3月31日までに更新を迎えられる認定医は、移行期間に該当し、有効期限までに3単位以上の取得で更新が可能)

2) 健康スポーツ医として学校、職場、地域などにおいてスポーツ医学の立場からの指導・教育・診療など実践活動を行っていること

 上記の医師は、所属の都道府県医師会(医師会員でない医師は勤務地の都道府県医師会)に必要書類を添えて提出します。審査と登録は、新規認定と同様です。認定有効期間は5年間です。
 スポーツ医の更新申請書は、有効期限の4か月程前に都道府県医師会を通じ各健康スポーツ医に送られます。

健康スポーツ医に関するお問い合わせ東京都医師会 医療支援課
〒101-8328 東京都千代田区神田駿河台2-5
電話:03-3294-8821(代)
PAGE TOP