これからの在宅医療に対する新たなアプローチ

各項目をクリックしてダウンロードできます。

表紙

発刊にあたって

はじめに

目次

序章 現状の分析

  1. 在宅医療の課題と対応
  2. 東京の在宅医療の現在 ―東京都在宅医療実態調査―
  3. 全診療所を対象とした在宅医療に関するアンケート調査(実施日:平成21年1月23日~2月5日)
  4. 東京都医師会の活動
  5. 東京都の従来型の在宅医療の特徴について―都市部での特徴を踏まえた在宅医療の普及―

1章 在宅医療の現状

  1. 「区部」・「市部」における在宅医療の現状
  2. 訪問診療
  3. 介護保険に対する課題

2章 在宅医と病院のシームレスな関係を築くための病院の問題点

  1. 在宅医を支援する病院のあり方
  2. 急性期病院、慢性期の疾患を担う病院の連携
  3. 台東区立台東病院の取組

3章 地区医師会と在宅医療

  1. 地区医師会が在宅医療にどうかかわるか
    ―新宿区医師会の取組み 渋谷区医師会の取組み―
  2. 医師会立訪問看護ステーションの現状
    ―杉並区医師会訪問看護ステーションなどの取組み―

4章 在宅医療における診療報酬

  1. 診療報酬体系・点数
  2. 在宅療養支援診療所となるべきか否か

5章 施設系について(介護老人保健施設・特別養護老人ホーム・有料老人ホームなど)

  1. 介護老人保健施設の新しい利用法と今後の課題
  2. 介護施設での医療供給体制に関する現状調査

6章 テーマ別議論

  1. 在宅医療の困難ケース(病態・環境・人)
  2. 摂食・嚥下障害に対するアプローチの実態
  3. 疾患別の特徴
  4. 看取り
  5. 小児の在宅医療

7章 今後の提言

  1. 高齢者の暮らしの場(居宅)
  2. 高齢者の機能評価の実態
  3. 在宅療養支援診療所と「かかりつけ医」の連携強化
  4. 在宅復帰・地域医療連携力の向上
  5. 地域(在宅・訪問・通所)
  6. 介護保険のバージョンアップを
  7. 多様なニーズへの幅広い対応力の向上
  8. 在宅医療への新たなアプローチ
  9. 2025年問題 在宅医療の重要と供給

あとがき

執筆・編集者

アンケートのお願い

地域包括ケアに関するお問い合わせ東京都医師会 医療介護福祉課
電話:03-3294-8821(代)
  • 東京都医師会 定例記者会見
  • 元気がいいね
  • 受動喫煙対策
PAGE TOP