外国人医療

2020年の東京オリンピック開催を控え、今後ますます外国人旅行者が増加し、外国人患者が医療機関を受診する機会が増えることが予想されます。本会は医療提供体制の確立と関係機関との連携に取り組んでいます。

東京都医師会の取り組み

2016年に東京都を訪れた外国人旅行者は約1310万人と過去最高になりました。東京都が策定した「2020年に向けた実行プラン」では、訪都外国人旅行者の目標を2500万人としています。訪日外国人の2~4%が何らかの疾病で医療機関を受診するという統計を踏まえると、外国人医療提供体制の整備は東京都の医療機関にとって喫緊の課題といえます。

このような状況をふまえ、東京都医師会では国や東京都と連携して外国人医療への取り組みを始めました。
(1) 外国人患者受入れ医療機関の現況の把握と整備
(2) 医療機関の役割分担を含めた医療提供体制の構築
(3) 外国人患者対応支援研修の開催等、医療機関への支援
(4) 東京消防庁・宿泊施設など関係機関との連携
(5) 医療通訳の充実
(6) 外国人向け情報サービスの拡充
(7) 医療費未払いや医事紛争に対する法的整備

東京都福祉保健局は外国人患者への医療提供体制構築に向けた課題・今後の取り組みを検討するためのワーキンググループを立ち上げ、東京都保健医療計画の記載事項や現場に必要なマニュアル作りなどを検討しています。東京都医師会では行政と積極的に協力して、施策立案の段階から医療現場の会員各位の声を生かしていきます。

外国人医療に関する記事(東京都医師会関連)


外国人医療に関する情報まとめ

<通訳>

◎平成30年度「東京都医師会電話医療通訳の利用促進事業」

 電話医療通訳の利用を通じ、その利便性に対する医療機関の認識を広めることで外国人患者の受入れ環境の更なる充実を目指すことを目的とし、東京都医師会が、(一社)JIGHを電話医療通訳サービス提供事業者として、実施する事業。
 都内会員医療機関は、本事業実施期間中(平成30年9月3日~平成31年3月31日)に言語が通じない外国人が来院した際に、電話医療通訳サービス「mediPhone」を費用負担なしで利用可能。事前利用申込が必要。
 【英語・中国語・ベトナム語・ロシア語・ポルトガル語・タイ語・スペイン語・韓国語】
  毎日:8時30分から24時
 【タガログ語・フランス語・モンゴル語・ヒンディー語・インドネシア語・ペルシア語・ネパール語・ミャンマー語・広東語】
   毎日:8時30分から24時(要事前予約)

<問診票>

<服薬>

<その他>

<外国人向け医療機関案内等>

<参考資料>

  • 東京都医師会 定例記者会見
  • 元気がいいね
  • キッズホスピタルランド
PAGE TOP