第16回 都民公開講座「いのちをつなぐチームワークを!救急医療のかかり方」(開催報告)

第16回 都民公開講座「いのちをつなぐチームワークを!救急医療のかかり方」

急な病気やケガをしたとき、「こんなときどうすればいいの?」「救急車を呼んだほうがいいのかな?」など迷ったことはありませんか?

近年、東京都は救急利用が増加・多様化し、とくに高齢者や軽症者への対応が増加しています。都民のみなさまに安心して救急医療を受診いただくために、今年度は「いのちをつなぐチームワークを!救急医療のかかり方」をテーマに開催いたしました。

12月9日の朝日新聞に採録が掲載されましたのでご覧ください。

当日の模様


     ※画面が表示されない場合にはこちらをクリックしてください。

開催概要

日 時 2017年11月5日(日)13:30~16:00(開場12:45)
会 場 東京都医師会館(千代田区神田駿河台2-5)
アクセスマップはこちら
主 催 東京都医師会
後 援 東京都、朝日新聞社

プログラム(敬称略)

基調講演

みんなで育てる救急医療

横田 裕行(日本医科大学大学院医学研究科救急医学分野教授/同付属病院高度救命救急センター長/一般社団法人日本救急医学会代表理事)

講 演

突然の病による救急体験~私の命をつないでくれたチームリレー~

徳光 和夫(アナウンサー)

パネルディスカッション

救命救急医療・サポートへの取り組み~地域や都民といかに協力していくか~

森住 敏光(東京消防庁救急部長)
堤 香苗(キャリア・マム代表取締役)
町 亞聖(フリーアナウンサー)
猪口 正孝(東京都医師会副会長)
新井 悟(東京都医師会理事)

PAGE TOP