熱中症に注意する時期になりました!!

「高温多湿」に注意。 気温が高くなってきました。毎年、梅雨明け後から熱中症患者が急増しています。 室内でも熱中症にかかります。屋外はもちろん、室内でも水分補給をこまめに行い、風通しを良くし、室内温度を調整しましょう。

過去(平成26年から平成30年)の熱中症による救急搬送状況(東京消防庁ホームページより)

1.年別の救急搬送人員

 東京消防庁管内※では過去5年間(各年6月から9月)に、22,015人が熱中症(熱中症疑いを含む)により救急搬送されました。平成30年の熱中症による救急搬送人員は過去5年間で最高の7,960人で 平成29年と比較すると4,793人(前年比251%と大幅に増加しました(図1)。

 ※ 東京都のうち稲城市と島しょ地区を除きます。

図1 過去5年間の熱中症による救急搬送人員(各年6月~9月)

2.月別の救急搬送人員

 過去5年の月別を比較すると、救急搬送された人員が多いのは、7月と8月に集中しています。(図2)

図2 月別の熱中症による救急搬送人員

 平成30年6月から9月までの熱中症による救急搬送人員と気温の関係をみると、熱中症による救急搬送は、梅雨明け後の7月の気温が高くなった日に増加しました。平成30年は関東甲信地方では6月6日ごろに梅雨入りし、6月29日ごろに梅雨明けとなりました。(気象庁発表) 関東甲信地方が6月に梅雨明けするのは初めてのことです。これまで関東甲信地方で最も早く梅雨が明けたのは2001年7月1日でした。 救急要請時の気温と救急搬送人員では、31℃台から33℃台は、1,000人以上の人が救急搬送され、34℃以上になると搬送人員の減少傾向がみられました。

3.救急要請時の気温と湿度の状況(平成30年6月~9月)

 平成30年6月から9月末までに熱中症で救急搬送された7,960人の救急要請時の気温と湿度の関係をみると、気温30℃で湿度60%から気温26℃で湿度90%の範囲で、救急搬送人員が多かったです。

 注目すべきことは気温が高くなくても湿度が高いと熱中症で救急搬送されていたことです。

・室内で熱中症になった事例

 居室内は窓が開いている場合でも無風状態である場合、またクーラー、扇風機等も使用していなかった屋内で30分以上居れば熱中症になる事があります。

<予防のポイント>

 気温が高くなくても湿度が高いと、熱中症になることがあります。
• 水分補給を計画的、かつ、こまめにしましょう。
• 窓を開け、風通しを良くしたりますが、無風状態であればエアコンや扇風機等を活用し、室内温度を調整するなど、熱気を溜めないようにしましょう。

 特に乳幼児が、締め切った車の中で熱中症になった事例もあるので注意が必要です。

<予防のポイント>

 夏場の車内の温度は、短時間で高温になります。
• 少しの間でも子供を車内に残さないようにしましょう。
• 子供が、自分で内鍵をかけたり、車の鍵で遊んでいて誤ってロックボタンを押してしまい閉じ込められる事故が報告されています。車を降りる際は、必ず鍵を持って降りましょう。

<屋外に居た場合や運動していた場合の予防ポイント>

 クラブ活動の指導者は、複数の生徒が熱中症で救急搬送されることが散見されているので、無理のない様にクラブ活動に留意しましょう。
• 水分補給を計画的、かつ、こまめにしましょう。
• 屋外では帽子を使用しましょう。
• 襟元を緩めたり、ゆったりした服を着るなど服装を工夫しましょう。
• 指導者等が積極的、計画的に休憩をさせたり、体調の変化を見逃さないようにしましょう。
• 実施者は自分自身で体調管理を行い、体調不良の時は無理をせず休憩しましょう。

熱中症の予防

(1)暑さに身体を慣らしていく。 暑い日が続くと、体がしだいに暑さに慣れて(暑熱順化)、暑さに強くなります。 暑熱順化は、「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度の運動(ウォーキングなど)を継続することで獲得できます。暑熱順化は運動開始数日後から起こり、2週間程度で完成するといわれています。そのため、日頃からウォーキングなどで汗をかく習慣を身につけて暑熱順化していれば、夏の暑さにも対抗しやすくなり、熱中症にもかかりにくくなります。汗をかかないような季節の段階から、少し早足でウォーキングし、汗をかく機会を増やしていれば、夏の暑さに負けない体をより早く準備できることになります。

(2)高温・多湿・直射日光を避ける。 熱中症の原因の一つが、高温と多湿です。屋外では、強い日差しを避け、屋内では風通しを良くするなど、高温環境に長時間さらされないようにしましょう。
<例えば>
• 服装を工夫する。具体的には襟元を緩める、ゆったりした服を着るなど通気を良くする。
• 窓を開け、通気を保つ。
• 扇風機等を使用し、室内に熱気を溜めない。
• すだれ・よしず等を使用する。
• グリーンカーテンを作る。窓に遮光フィルムを貼る。
• エアコンによる室内温度の調整をする。
• 屋外では頭部を守るため帽子や日傘を使用する。
• 日陰を選んで歩く。遊ぶ時は日陰を利用する。
• 温度計や湿度計を設置して、こまめに確認し室内の温度の調整を行う。
• 熱中症計を活用する。

(3)水分補給は計画的、かつ、こまめに飲水する。 特に高齢者はのどの渇きを感じにくくなるため、早めに水分補給をしましょう。普段の水分補給は、健康管理上からもお茶や水がよいでしょう。水分補給目的のアルコールは尿の量を増やし体内の水分を排出してしまうため逆効果です。 なお、持病がある方や水分摂取を制限されている方は、夏場の水分補給等について必ず医師に相談しましょう。

(4)運動時などは計画的な休憩をする。 学校での体育祭の練習、部活動や試合中などの集団スポーツ中に熱中症が発生していることから、実施する人はもちろんのこと、特に指導者等は熱中症について理解して、計画的な休憩や水分補給など、熱中症を予防するための配慮をしましょう。 汗などで失われた水分や塩分をできるだけ早く補給するためには、水だけでなく、スポーツドリンクなどを同時に摂取するのもよいでしょう。 また、試合の応援や観戦などでも熱中症が発生していることから、自分は体を動かしていないからと言って注意を怠らないでください。
<例えば>
• 指導者等が積極的、計画的に休憩をさせる。
• 指導者等は、体調の変化を見逃さない。
• 実施者は自分自身で体調管理を行い、体調不良の時は無理をせず休憩する。
• 屋外での応援や観戦など、運動をしていなくても高温環境にいることを忘れず、水分補給を心がける。

(5)規則正しい生活をする。 夜更かし、深酒、食事を抜くなど不規則な生活により体調不良な状態では、熱中症になる恐れがあります。

(6)乗用車等で子供だけにしない。 車内の温度は短時間で高温になります。少しの間でも、子供を車内に残さないようにしましょう。

◎ 熱中症の症状と応急処置(First Aid)

 熱中症とは、「熱」が体「中」にこもる「症」状である。

分類 症状 重症度
めまい、発汗、痙攣、失神 軽症
頭痛、嘔吐、倦怠感、集中力や判断力の低下 中等症
意識障害、痙攣、血液検査異常 重症

上記の症状があれば下記のまずFirstを行って下さい。 参考文献

気温、最高気温、平均気温、湿度、天気は気象庁の気象統計情報の東京で測定した数値等を使用しています。
(監修:東京都医師会救急委員会委員 三浦邦久)

  • キッズホスピタルランド
  • 都民公開講座のご案内
  • 東京都医師会 定例記者会見
  • 元気がいいね
  • タバコQ&A
PAGE TOP