2018年2月13日(火曜日)

第30回 医療とITシンポジウムの開催並びに映像配信について

  • 医師のみなさまへ
  • 新着情報
  • イベント・セミナー
  • お知らせ

 本会は医療分野においてIT化に対応すべき課題を取り上げ、研鑽を行うことで地域医療の向上に寄与することを目的として、昭和61年から毎年「医療とITシンポジウム」を開催しております。今年度は平成30年3月10日(土)に「未来の医療を見据えてICT活用の目的を再検討する」をメインテーマとして地区医師会医療情報担当理事連絡会を兼ねて開催いたします。
 特別講演では、富士通株式会社常務理事・首席エバンジェリストの中山五輪男様より「AIがもたらす明日の医療」についてご講演いただきます
 また、医療とICTの関わりを様々な切り口から考えるために遠隔(オンライン)診療やAIを利用した医療の実践例、並びに、医療介護連携の現状とさらなる活性化について4名の講師の講演を予定しており、講演後にはパネルディスカッションを行います。
 本シンポジウムに参加することで、日医生涯教育制度の単位(CC7-医療の質と安全:0.5単位、CC9-医療情報:0.5単位、CC12-地域医療:0.5単位、CC13-医療と介護および福祉の連携:0.5単位)を取得することができます。
 参加を希望される方は以下の要領でお申込みください。
 なお、前回同様、来場することが難しい方のためにシンポジウムの模様の中継を予定しております。過去のシンポジウムの映像は以下に掲載しております。

当日の模様(YouTube)

 ※こちらに動画サイトへのリンクを掲載する予定です
 注意:本映像は日医e-ラーニングではないため、視聴による日医生涯教育制度のCC・単位の取得はできません。

資料ダウンロード

 ※抄録や講師の資料を随時掲載する予定です

シンポジウム概要

 第30回 医療とITシンポジウム
   メインテーマ:「未来の医療を見据えてICT活用の目的を再検討する」
   日時:平成30年3月10日(土) 15:00~17:45
   会場:東京都医師会館(地図

〔特別講演〕
 「AIがもたらす明日の医療」
    富士通株式会社 常務理事 首席エバンジェリスト    中 山 五輪男

〔講  演〕テーマ:医療とICTの関わりを様々な切り口から考える
1.「遠隔診療の現状と展望」
    京都府立医科大学 特任助教
    デジタルハリウッド大学大学院 客員教授        加 藤 浩 晃

2.「情報通信技術(ICT)や人工知能(AI)を活用した精神科診療支援の試み」
    慶應義塾大学医学部精神神経科専任講師         岸 本 泰士郎

3.「豊島区におけるメディカルケアステーションの利活用について2~医療介護検索システムの連動とMCSアプリ~」
    東京都医師会医療情報検討委員会副委員長        土 屋 淳 郎

4.「立川市医療介護資源マップ作成の取り組み」
    東京都医師会医療情報検討委員会委員          荘 司 輝 昭

〔パネルディスカッション〕医療とICTの関わりを様々な切り口から考える

参加申し込み ※3/2(金)まで

 ・会員:所属の地区医師会を通じてお申し込みください
 ・非会員、ベンダー等:以下の問合せ先から(メールの場合は所属と氏名を明記)お申し込みください

問合せ先

東京都医師会 広報学術情報課
電話:03-3294-8832(直)
メール:jouhou@tokyo.med.or.jp


過去のITシンポジウムの模様

●第29回 医療とITシンポジウム(H29.3.11)
テーマ:「地域包括ケアに必要な医療IT」

※画面が表示されない場合にはこちらをクリックしてください。

●第28回 医療とITシンポジウム(H28.2.27)
テーマ:「明日の医療と病診連携」

※画面が表示されない場合にはこちらをクリックしてください。

●第27回 医療とITシンポジウム(H27.1.31)
テーマ:「地域医療連携システムと地域包括ケアシステム」

※画面が表示されない場合にはこちらをクリックしてください。

●第26回 医療とITシンポジウム(H26.1.18)
テーマ:「地区医師会におけるIT化の現状と課題」

※画面が表示されない場合にはこちらをクリックしてください。

PAGE TOP