医師会員のみなさまへ
日本医師会 健康スポーツ医制度
新着情報
WEB版都医ニュース
地区医師会からのお知らせ
東京都医師会雑誌見出し
各種講座・研修会スケジュール
日本医師会生涯教育講座
感染症の発生動向情報
エイズ情報
医療保険情報
予防接種のお話
注目情報
開業支援
女性医のみなさまへ
各種制度について
各種書式ダウンロード
東京都救急医療体制
日本医師会認定制度
介護保険関係
お問い合わせ
リンク

●はじめに

 「日本医師会認定健康スポーツ医(以下「健康スポーツ医」)とは、運動を行う人に対して医学的診療のみならず、メディカルチェック、運動処方を行い、さらに各種運動指導者等に運動に関する医学的な指導助言を行うことができる医師で、定められた講習会を受講修了した者に対して日本医師会が認定する資格です。現在、日本ではスポーツや運動に関連する医師の制度は、「健康スポーツ医」、「日本整形外科学会認定スポーツ医」、「日本体育協会公認スポーツドクター」という3種類があり、それぞれ日本医師会、日本整形外科学会、日本体育協会の各団体が研修を行い認定しています。「健康スポーツ医」は、これら3つの制度の中では最も新しく、1991年(平成3年)より設置されています。

 「健康スポーツ医」の主な役割としては以下に示す内容が挙げられます。

1. 日常診療における一般住民やスポーツ愛好者への運動指導・運動療法や健康増進・運動機能向上などに関する助言
2. 特定健診や健康診断の結果をもとに行う疾病の予防や治療のための運動指導・運動療法
3. 学校保健・産業医活動における運動指導や助言
4. 自治体などが主催する運動に関する講演会における講師
5. 自治体などが主催するマラソン大会をはじめとするスポーツ大会における救護活動
6. 地区医師会における運動療法の啓発やスポーツ大会での活動におけるコーディネーターとしての役割

●3種類のスポーツ医制度の特徴

 「健康スポーツ医」は、日常診療や学校医・産業医として運動指導・運動療法を行い、自治体と協力して地域の健康増進事業やスポーツ大会での救護活動などを行う医師です。「日本整形外科学会認定スポーツ医」は、整形外科的な知識や技量に基づいた運動の指導を行い、運動による外傷・障害の予防や治療を行う医師です。「日本体育協会公認スポーツドクター」は、運動能力に優れている都道府県大会や、国体、オリンピックなどに出場する運動選手(アスリート)を主な対象として運動による外傷や障害の予防・治療を行う医師です。
 健康スポーツ医制度の発足とともに、健康スポーツ医の資格を取得するための講習会の基礎となる科目が「健康スポーツ医」、「日本整形外科学会認定スポーツ医」、「日本体育協会公認スポーツドクター」の共通したカリキュラムとなりました。日本整形外科学会や日本体育協会は、この講習会に加えさらに各々の専門的な講習会を行いそれぞれの資格を得ることができるようになりました。共通の講習会の科目は当初は21科目でしたが、2011年(平成23年)からはアンチドーピング、障害者とスポーツ、保健指導、スポーツ現場での救急処置の4科目が追加され25科目になり、全科目時間が60分に統一されました。2012年(平成24年)からは日本整形外科学会や日本体育協会においてもそれぞれの専門的な科目についても見直しが行われ、それぞれ新カリキュラムに移行しました。

●健康スポーツ医の認定について

1. 認定要件(新規申請)
 日本医師会が実施または承認した健康スポーツ医学講習会(前期13科目 後期12科目 合計25科目)の修了者、または、受講免除対象の医師(認定番号が4001番以上の日本整形外科学会認定スポーツ医、日本整形学会スポーツ医学研修会総論A修了者、日本体育協会公認スポーツドクター、日本体育協会公認スポーツドクター養成講習会基礎科目修了者)です。
 上記の医師は、所属する都道府県医師会(医師会員でない医師は勤務地の都道府県医師会)に必要書類を添えて提出します。その後、都道府県医師会長が書類などを審査し、日本医師会長に推薦します。日本医師会長は、推薦された医師について審査を行って認定し、認定書の交付を行います。日本医師会は、認定健康スポーツ医登録台帳に認定証被交付者名などを登録します。認定有効期間は5年間です。

2. 更新要件
 更新を行うためには、認定証の有効期限内に次の要件を満たすことが必要です。

1) 日本医師会が実施または承認した再研修会5単位以上を受講終了していること
(平成23年4月1日から28年3月31日までに更新を迎えられる認定医は、移行期間に該当し、有効期限までに3単位以上の取得で更新が可能)

2) 健康スポーツ医として学校、職場、地域などにおいてスポーツ医学の立場からの指導・教育・診療など実践活動を行っていること

 上記の医師は、所属の都道府県医師会(医師会員でない医師は勤務地の都道府県医師会)に必要書類を添えて提出します。審査と登録は、新規認定と同様です。認定有効期間は5年間です。
 スポーツ医の更新申請書は、有効期限の4か月程前に都道府県医師会を通じ各健康スポーツ医に送られます。

●日本医師会認定の健康スポーツ医学研修会等スケジュール

 ▲ 日本医師会HPに掲載されている全国の研修会等スケジュール

 ■ 東京都医師会が申請・主催する都内開催の研修会等スケジュール
 

●スポーツ医への情報

・平成27年度より健康スポーツ医の変更届の書式が変更になりました。
 氏名、所属施設名・所在地、自宅住所等の変更があった際にご提出ください。
 (会員は所属の地区医師会へ提出、非会員の送付先は要連絡)

・過去の答申で作成したストレッチと筋力トレーニングのイラストと解説をご活用くだ さい。

●よくある質問

1.健康スポーツ医の資格を取りたいのですが?

 日本医師会の健康スポーツ医学講習会(前期ならび後期:合計25科目)を修了した後に所定の手続きに基づいて申請いただき、日本医師会により認定されます。詳しくは各地区医師会にお尋ね下さい。

2.健康スポーツ医と日本体育協会公認スポーツドクター、日本整形外科学会認定スポーツ医の違いは?

 日本体育協会公認スポーツドクター・日本整形外科学会認定スポーツ医は、スポーツ競技者を対象にしているのに対して、健康スポーツ医は、主に一般住民を対象にしていて、日常診療や学校保健・産業医活動、地域においてその力を発揮しようとしています。

3.健康スポーツ医になるメリットはありますか?

 研修や実習などから自身の専門外領域の幅広い知識(たとえば循環器、呼吸器、整形外科、小児科、救急医学など)を身につける事が出来るため、日常診療にも役立ち、社会貢献にも寄与できます。

4.スポーツ大会などで健康スポーツ医の働く場所はありますか?

 自治体からの健康スポーツ医に対する認知度も少しずつですが上がっており、マラソン大会、球技大会などの開催の際に、医師会を通じ健康スポーツ医の出動要請もあります。今後、医師会が行政や大会の主催者などと健康スポーツ医との橋渡しをするにあたり、健康スポーツ医を組織化していくことも重要と考えています。東京都医師会としても、具体的にその方法を検討していくところです。

5.学校医や産業医をしていますが健康スポーツ医の資格は必要ですか?

 学校保健や産業医活動においても、スポーツに関する知識は必要です。中学校、高等学校における武道必修化に伴い、体育中の事故も懸念されています。学校医には積極的に健康スポーツ医の認定を受けていただき、より幅広い知識を身につけていただく事をお勧めします。

6.現在、健康スポーツ医ですが更新しようか迷っています。

 健康スポーツ医の更新要件の一つの再研修会について、東京都医師会では、実践的な技術が習得できるように心肺蘇生や外科的応急処置、高齢者が自立できるような筋力トレーニングやロコモティブシンドロームの運動療法などの実技を取り入れています。2020年の東京オリンピック、パラリンピックへの健康スポーツ医のかかわり方などについても検討を加えていく予定です。今後、認知度や働く場も少しずつ増えていくと思われますので、再研修会を積極的に受けていただきスキルアップして下さい。

新東京都医師会館のご案内はこちらをご覧ください。

公益社団法人 東京都医師会
〒101-8328 東京都千代田区神田駿河台2-5 TEL:03-3294-8821