フレイル予防

皆さん、フレイルという言葉をご存じですか? 人は年を取ると段々と体の力が弱くなり、外出する機会が減り、病気にならないまでも手助けや介護が必要となってきます。 このように心と体の働きが弱くなってきた状態をフレイル(虚弱)と呼びます。健康状態を続けるためには、このフレイルを予防することが大事です。 東京都医師会では、介護予防としてのフレイル対策の徹底によって、 都民の皆さんが健康で長寿を目指すために、冊子「住み慣れた街でいつまでもーフレイル予防で健康長寿ー」を作成し、多くの専門職の方々の取組を紹介しています。 都民の皆さんのお役に立ちますようにと願っています。

ストップフレイル「フレイルを予防して健康寿命をのばしましょう」
監修:飯島 勝矢 教授(東京大学 高齢社会総合研究機構)監修:東京大学高齢社会総合研究機構 飯島勝矢教授 ストップフレイル「フレイルを予防して健康長寿を伸ばしましょう」
PAGE TOP