医療に携わる

あなたも准看護師になれる

戴帽式

准看護師とは

准看護師(知事試験合格者)は、主に病院や診療所に勤務し、医師・歯科医師・看護師(国家試験合格者)の指示を受けて、病気やけがで苦しむ患者さんや、心や身体に障害を持つ方、妊娠・出産時の方たちの病状や健康状態の推移を予測し、身体的苦痛を少しでも和らげ、病気や障害のために自由にならない生活行動を、医学的知識、技術を用いて援助します。また、医師の診療や治療の補助を行います。

准看護師への道

戴帽式

図1 准看護師への道

  • 准看護師になるためには、中学校または高校卒業後に、准看護師養成所で2年間の勉学の後、あるいは中学校卒業後高等学校衛生看護科で3年(定時制4年)の勉学の後、各都道府県知事が行う准看護師試験に合格すれば資格がもらえます。
  • 准看護師養成所では、社会人の入学を歓迎しています。
  • 医療機関で働きながら、准看護師養成所へ通えます。
  • いろいろな奨学制度が整っています。主な奨学制度は都道府県・区市町村の看護師等就学資金、独立行政法人 日本学生支援機構の奨学金、看護専門学校の設置主体による就学資金などです。奨学金の貸与額、貸与条件、返済方法はさまざまで、養成所によって取り扱っている奨学金も異なります。詳細については各養成所へお尋ねください。

入学試験は毎年2〜3月に

東京都内の准看護師養成所では、毎年2月から3月にかけて入学試験が実施されています。試験日・試験科目は各養成所によって異なりますので、各養成所にお問い合わせください。

看護師になりたい方は、さらにいくつかの道が用意されています

  1. 看護師養成所「2年課程」(2年・定時制3年)を卒業(入学資格として高等学校未卒業者は3年以上の准看護師業務経験が必要です。)
  2. 高等学校卒業の准看護師は、高等学校専攻科(2年)、看護短大(2年)、を卒業
  3. 10年以上准看護師業務経験がある方は、「看護師養成所2年課程(通信制)」を卒業

1.〜3.いずれかの後に、看護師国家試験に合格すれば、看護師資格がもらえます。

東京都内准看護師等学校一覧

東京都医師会会長 尾﨑 治夫

推薦の言葉

看護師さんの愛にあふれたやさしい手を大勢の人が待っています。病気の患者さんだけでなく、在宅のお年寄り、療養中の方、みな期待しています。心から応援します。

東京都医師会会長 尾﨑 治夫

ページの上へ



東京都医師会からのお知らせ

  • 休日・夜間診療案内
  • 知っておきたい予防接種のお話
  • 東京都南新宿検査・相談室(エイズ検査・相談)

新東京都医師会館のご案内はこちらをご覧ください。