東京都糖尿病推進対策会議
21世紀の日本の糖尿病を減らそう!

東京都糖尿病対策推進協議会とは

糖尿病の患者数は、糖尿病の可能性を否定できない人を含めてこの5年間に250万人も増加し、1620万人といわれています。糖尿病は今や国民病と称しても過言ではない状況にありますが、自覚症状がないがゆえに受診をしない、あるいは治療を中断する人が大勢います。

国民の健康づくりのためには、生活習慣病、とくに糖尿病対策について、積極的に取り組む必要があるとの認識から、日本医師会、日本糖尿病学会、日本糖尿病協会の三者は、平成17年2月に「日本糖尿病対策推進会議」を設立し、糖尿病対策のより一層の推進を図ることといたしました。平成19年8月から日本歯科医師会も加わっています。

これを受け、東京都では、東京都医師会、日本糖尿病学会、日本糖尿病協会、東京都福祉保健局の4者が共同して東京都糖尿病対策推進会議が発足しました。4者が協力して糖尿病対策に取り組むことで、増え続ける糖尿病の発症予防、早期治療、合併症の予防を図ることを目的としたものです。

糖尿病は、発症予防、早期発見・治療、合併症の予防が重要です。糖尿病についての正しい医学的知識を身につけてください。


新東京都医師会館のご案内はこちらをご覧ください。

公益社団法人 東京都医師会
〒101-8328 東京都千代田区神田駿河台2-5 TEL:03-3294-8821