医療・診察・相談

予防接種とは?

予防接種とは? 目次

1.予防接種(ワクチン)とは?
2.ワクチンの種類
3.混合ワクチン
4.ワクチンの投与方法
5.定期接種と任意接種
6.ワクチンの副反応
7.異なるワクチンの接種間隔
8.ワクチンの同時接種について
9.母子健康手帳について
10.接種スケジュールについて
11.それぞれのワクチンについて
12.参考文献
13.海外渡航をご予定の方へ

1.予防接種(ワクチン)とは?

 毒性を弱めた病原体(ウイルスや細菌)や毒素を、前もって投与しておくことにより、その病気に罹りにくくすることを予防接種といい、投与するものをワクチンといいます。

2.ワクチンの種類

 ワクチンには作り方によって次の3種類があります。(トキソイドを不活化ワクチンに含めることもあります。)

(1) 生ワクチン
生きた細菌やウイルスを繰り返し培養して、病原性が弱くなったものを選別して作ったもの

(2) 不活化ワクチン
細菌やウイルスを、ホルマリン処理などによって毒性を弱めたもの

(3) トキソイド
細菌が作る毒素を、ホルマリン処理などによって弱めたもの

生ワクチン 不活化ワクチン トキソイド
生ポリオワクチン
麻しん
風しん
水痘
おたふくかぜ
黄熱病
BCG
ロタウイルス
百日咳
日本脳炎
インフルエンザ
A型肝炎、B型肝炎
インフルエンザ菌b型(ヒブ)
小児用肺炎球菌
成人用肺炎球菌
子宮頸がんウイルス
狂犬病、コレラ
ワイル病秋やみ
不活化ポリオワクチン
ジフテリア
破傷風

 生ワクチンは1回接種で有効といわれてきましたが、最近では麻しんや風しんワクチンのようにある程度の間隔を空けて2回の接種が勧められる場合もあります。不活化ワクチンやトキソイドは2〜4回の接種が必要です。

3.混合ワクチン

 あらかじめ2種類以上のワクチンを混合したワクチンがあります。

(1) DPTワクチン=百日咳+ジフテリア+破傷風
(2) DTワクチン=ジフテリア+破傷風
(3) MRワクチン=麻しん+風しん
(4) DPT+IPVワクチン=百日咳+ジフテリア+破傷風+不活化ポリオ

4.ワクチンの投与方法

 わが国のワクチンの大部分が皮下注射で投与する皮下接種ですが、口から飲む経口接種(生ポリオワクチンやロタウイルスワクチン)や皮膚にスタンプのように接種する経皮接種(BCGワクチン)があります。また筋肉内の深い部位に注射する筋肉注射で投与する場合もあります(子宮頸がん予防ワクチンなど)。

5.定期接種と任意接種

 予防接種法という法律で接種することが勧められているワクチンが定期接種で、BCGワクチン、DPTワクチン、DTワクチン、不活化ポリオワクチン、4種混合ワクチン、麻しん風しん混合(または麻しん、風しん単独)ワクチン、日本脳炎ワクチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン、子宮頸がん予防ワクチン、高齢者インフルエンザワクチンがあります。

(1) 法定接種

 定期接種のワクチンは、次の場合に無料(高齢者インフルエンザワクチンは一部自己負担あり)で受けられるところが多いです。(法定接種といいます。)

 1) 決まった回数を、決まった間隔で。
 2) 決まった年齢内に。
 3) 高齢者インフルエンザワクチンは、決まった時期に。
 4) 決まった場所で。

 23区内では23区内どこでも、市町村では原則その市町村内で。 ただし、相互乗り入れといって周辺の自治体での接種も特別の手続きなしで受けられる場合があります。 BCGは集団接種で行なっている自治体もあります。

(2) 法定外接種または公費補助の任意接種

 国が定めた基準(法定接種)からは外れますが各自治体の定めた要件を満たす場合に無料または安い自己負担額で接種が受けられる場合があり、法定外接種または公費補助の任意接種といいます。

1) 定期接種のワクチンではあるが推奨年齢をはずれた場合
(例)2歳以降小学校入学1年前まで、および小学校入学後から7歳6ヵ月未満までの麻しん風しんワクチンなど。

2) 各自治体独自の事業によるもの
 通常は任意接種として全額自己負担になるものが、各区市町村で一部の補助が受けられるものがあります。水痘ワクチンやムンプスワクチン、高齢者の成人用肺炎球菌ワクチンなどがあります。

(3) 任意接種

 上記以外の場合は任意接種となり、接種費用は医療機関によって異なりますが、接種できる年齢や接種回数、接種量はワクチンによって決まっています。
任意接種概念図


 万一、予防接種で重い副反応が発生した場合、法定接種では国の『予防接種健康被害救済制度』により救済されます。任意接種では、一般の医薬品の副作用の場合と同じく、『独立行政法人医薬品医療機器総合機構法』により補償されます。法定外接種による場合には、各自治体が独自に加入している保険と『独立行政法人医薬品医療機器総合機構法』によるものとの両方で補償が受けられます。

法定接種 予防接種健康被害救済制度
法定外接種 各自治体独自に加入している保険および
独立行政法人医薬品医療機器総合機構法
任意接種 独立行政法人医薬品医療機器総合機構法

6.ワクチンの副反応

 注射によるワクチンの副反応には、生ワクチンの副反応である『感染型』といってその病原体が感染した時と同様の潜伏期間で症状が出現する場合と、すべてのワクチンで出現する可能性がある『免疫アレルギー型』があります。



 その他の主な副反応としては、以下のようなものがあります。
  (1) BCG:腋下リンパ節腫脹
  (2) 生ポリオワクチン:ポリオ関連麻痺
  (3) ロタウイルスワクチン:腸重積
  (4) 風しんワクチン:血小板減少性紫斑病
  (5) おたふくかぜワクチン:ウイルス性髄膜炎 など

 これらは、その病気にかかった時にも起こることがあり、ワクチンの副反応で発生する頻度の方が少ないです。

7.異なるワクチンの接種間隔

 異なるワクチンの接種間隔は、生ワクチンから27日以上、不活化ワクチンとトキソイドでは6日以上あけることされています。これは、発熱などの副反応のでる期間を避けることと、抗体産生の低下を防止する(抵抗力を十分に高める)ためです。



8.ワクチンの同時接種について

 前もって混合されていない2種類以上のワクチンを、1回の受診で同一の接種対象者に接種することを同時接種といいます。
 従来は、海外転居などのために接種間隔を空ける時間がない場合など『医師が特に必要と認めた場合に行なうことができる。』とされていました。 しかし、DPTワクチンに加えて、ヒブワクチンや小児用肺炎球菌ワクチンなど、乳児期前半に接種するべきワクチンの数が増えてから、同時接種を行うケースが増えてきました。わが国では平成23年春に同時接種後の死亡例の報告がありましたが因果関係は否定されており、また海外では同時接種は一般的に行なわれています。日本小児科学会でも平成23年4月に同時接種を勧める見解が発表されました。
http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/saisin_1101182.pdf

9.母子健康手帳について

 母子健康手帳がなくとも予防接種は受けられます。しかし、いつも同じ医療機関で予防接種を受けるとは限りません。ワクチンの接種回数や間隔の確認、または将来の予防接種証明書の発行の際に必要になることがありますので、必ず母子健康手帳を持参して予防接種記録のページに記載してもらいましょう。なお、海外で出生した場合や紛失した場合などは、お住まいの自治体で新しい母子健康手帳を再発行してもらえます。

10.接種スケジュールについて

 乳児期に接種できるワクチンが増えており、ワクチンの種類によって接種できる月齢や接種の間隔が決まっています。保護者の方が同時接種を希望するか希望しないかによっても接種スケジュールが変わってきます。かかりつけの医師に御相談下さい。また国立感染症研究所感染症情報センターのホームページも参考にして下さい。
http://idsc.nih.go.jp/vaccine/dschedule.html

11.それぞれのワクチンについて

(1) ポリオワクチン

 集団接種で行なっていた、飲むタイプの生ポリオワクチンは中止になり、平成24年9月からは注射薬の不活化ポリオワクチンの個別接種に切り替わりました。

・ポリオワクチンを1回も受けていない方
 生後3ヵ月から、3〜8週の間隔をあけて3回、追加接種(4回目)は3回目の接種から通常12ヵ月から18ヵ月(最低6ヵ月以上)あけて7歳6ヵ月までに接種します。

・生ポリオワクチンを1回だけ受けた方
 生ポリオワクチン接種から4週間以上あけて、2回目から接種します。

・生ポリオワクチンを2回受けた方
 接種は不要です。

・不活化ポリオワクチンを1〜3回接種した方
 海外または、日本国内で個人輸入した不活化ポリオワクチンを1〜3回接種した方は、不足分の回数を受けられます。

(2) BCGワクチン

 BCGは結核菌に対するワクチンです。結核は乳幼児が発症した場合は、粟粒結核や結核性髄膜炎といった重症の結核になることが多いので、乳児期にBCG接種を受けることが必要です。以前は生後6ヵ月までにBCG接種を受けることになっていましたが、平成25年4月からは1歳になる前までに接種することに変更されました。
 BCGは、出生直後からの接種が可能ですが、細胞性免疫不全症というまれな病気の赤ちゃんが知らずにBCG接種を受けると重症になりますので、この病気の診断がつく生後3ヵ月以降の接種が勧められていました。
 しかし、最近、生後3、4ヵ月では、BCG接種後の骨炎や骨髄炎といった副反応の危険があること、また近年乳児早期から他の多くのワクチンを受ける必要がありスケジュールを立てることが難しいため、生後5ヵ月から8ヵ月の間に接種することが勧められています。自治体によって、集団接種か指定医療機関での個別接種かが決まっています。海外から帰国した方や、医学的理由以外で期間内に無料での接種が受けられなかった場合には任意接種となります。上述のようにBCGは乳幼児の重症結核の予防のために行なわれるワクチンですので就学以降の接種は通常は不要です。1歳から5、6歳の間に初めてBCG接種を行う場合には、前もってツベルクリン検査を行って陰性であることを確認してからBCG接種を行います。

(3) DPTワクチン、DTワクチン

 ジフテリア(D)、百日咳(P)、破傷風(T)の混合ワクチンです。
 法定接種としては次のように接種します。
  1期:DPTワクチンを生後3ヵ月から3〜8週間の間隔で3回
  1期追加:DPTワクチンを1期の最後の接種から1年〜1年半後に1回
       (7歳6ヵ月未満までに)
  2期:DTワクチンを11歳〜13歳未満で1回

 DPTワクチンの接種以前に明らかに百日咳にかかってしまったお子さんはDPTの代わりにDTワクチンでの接種も可能です。

(4) 4種混合ワクチン

 平成24年11月から、従来のジフテリア、破傷風、百日咳のDPTワクチンに、不活化ポリオワクチンが一緒になった4種混合ワクチン(DPT-IPV)が使用できるようになりました。

(5) 麻しんワクチン、風しんワクチン、麻しん風しん混合(MR)ワクチン

 明らかに麻しんにかかったことのある方は風しんワクチンで、また明らかに風しんにかかったことのある方は麻しんワクチンで行います。両方にかかったことのある方の麻しん風しんワクチンの接種は不要です。
 法定接種としては次のように行います。
  1期:生後12ヵ月〜2歳未満
  2期:小学校入学前の1年間(4月1日から3月31日まで)

 自治体によっては法定外接種として上記以外でも接種可能な場合があります。
(例)1期は2歳から小学校入学1年前(2期接種開始)の直前まで
   2期は小学校入学後7歳6ヵ月未満まで

(6) 日本脳炎ワクチン

 従来のワクチンはマウスの脳で増やした日本脳炎ウイルスからワクチンを作っていましたが、急性散在性脳脊髄炎(ADEM)という副作用のために平成17年5月30日で『別の方法で新しいワクチンが作られるまでは積極的に接種をお勧めしない』ことになりました。平成21年6月から新しいワクチンである乾燥細胞培養日本脳炎ワクチンが使われています。
 法定接種では下記の接種が標準です。
  1期初回:3歳になったら1週間から4週間の間隔で2回
  1期追加:その1年(11〜13ヵ月)後に1回(7歳6ヵ月未満までに)
  2期:9歳から13歳未満までの間に1回

 ただし、平成7年4月2日から平成19年4月1日までの間に生まれたお子さんは、20歳までは必要な日本脳炎ワクチンが無料で受けられます。
 以前は14歳以上16歳未満で3期として5回目の接種がありましたが平成17年7月で廃止になりました。

(7) インフルエンザ菌b型(=ヒブ)ワクチン

 インフルエンザ菌B型(=ヒブ)は、乳幼児の肺炎や髄膜炎などを起こす菌で、このワクチンがヒブワクチン(商品名アクトヒブ)です。
  1) 生後2ヵ月から生後7ヵ月未満で開始した場合
     初回接種:4〜8週間の間隔で3回
     追加接種:3回目の接種後、7〜13ヵ月の間
  2) 生後7ヵ月から生後12ヵ月未満で開始した場合
     初回接種:4〜8週間の間隔で2回
     追加接種:2回目の接種後、7〜13ヵ月の間
  3) 生後1歳から5歳未満で開始した場合
     1回接種
 開始年齢が遅くなると必要な接種回数が減ります。しかし、この菌が起こす病気は年齢の小さなお子さんほど重症になりやすいので、できるだけ早くに接種を始めましょう。

(8) 小児用肺炎球菌ワクチン

 肺炎球菌は乳幼児の肺炎や髄膜炎、中耳炎を起こしたり、高齢者の肺炎の原因菌となりますが、いくつかの型があります。小児用肺炎球菌ワクチン(商品名プレベナー)は、7つの型(=7価)の肺炎球菌に有効で、ワクチンの付きにくい乳幼児にも効果のあるワクチンです。
  1) 生後2ヵ月から生後7ヵ月未満で開始した場合
     初回接種:27日間以上の間隔で3回
     追加接種:3回目の接種から60日間以上あけて生後12〜15ヵ月時
  2) 生後7ヵ月から生後12ヵ月未満で開始した場合
     初回接種:27日間以上の間隔で2回
     追加接種:2回目の接種から60日間以上あけて生後12ヵ月齢後
  3) 生後12ヵ月から24ヵ月未満で開始した場合
     60日間以上あけて2回接種
  4) 生後24ヵ月から5歳未満で開始した場合
     1回接種
 この病気も年齢の小さなお子さんが重症になりやすいので、できるだけ早くに始めましょう。

(9) 成人用肺炎球菌ワクチン

 23種類の肺炎球菌に効く(=23価)ワクチンが成人用肺炎球菌ワクチン(商品名ニューモバックス)ですが、免疫力の弱い2歳未満の乳幼児には効果がありません。65歳以上の方、または脾臓摘出後、鎌状赤血球症、慢性心疾患、慢性肺疾患、慢性腎不全などの病気のある2歳以上の方が接種対象で、5年ごとの再接種が可能です。自治体によっては法定外接種として、接種費用が一部補助されることがあります。

(10) 子宮頸がん予防ワクチン

 子宮頸がんはヒトパピローマウイルスの16型および18型の感染が主な原因であることが知られていますが、この16型と18型のヒトパピローマウイルスは外陰上皮内腫瘍という外陰ガンの先行病変や、膣上皮内腫瘍という膣ガンの先行病変を引き起こすこともあります。また6型と11型のヒトパピローマウイルスは尖圭コンジローマという外陰部のイボの原因となります。子宮頸がんワクチンには、16型と18型に効くサーバリックスと、16、18、6、11の4つの型に効くガーダシルの2種類があります。
 13歳となる年度が標準的な接種期間で、サーバリックスは標準では1ヵ月後と6ヵ月後の計3回、ガーダシルは標準では2ヵ月後と6ヵ月後の計3回の接種が必要です。これらのワクチンは肩のやや深い部位に注射しますので他のワクチンよりも少し痛いです。なお、子宮頸がんワクチンを受けていても100%子宮頸がんにかからない訳ではありませんので、成人になったら定期検診も受けて下さい。

(11) 水痘(=みずぼうそう)ワクチン

 1歳になったら接種可能です。免疫不全といってウイルスに対する抵抗力がない方が水痘にかかると重症になって亡くなることもあります。白血病や小児癌、ネフローゼ症候群などの病気で治療中の方は抵抗力が弱っていますので、兄弟など周囲の人は水痘ワクチンをしておきましょう。また水痘にかかった後に、治ったようにみえても数十年してから潜んでいた水痘ウイルスが活発化して帯状疱疹になることがあります。このような病気にならないためにも水痘ワクチンが勧められています。
 以前は1回の接種で有効と言われていましたが、最近では2回の接種が勧められており、日本小児科学会では、1回目を生後12〜15ヵ月、2回目を生後18〜23ヵ月で接種することを推奨しています。

(12) ムンプス(=おたふくかぜ)ワクチン

 これも1歳になったら受けられます。おたふくかぜにかかると髄膜炎や難聴を合併したり、思春期以降では不妊症の原因になることがあります。
 最近では2回の接種が勧められており、日本小児科学会では、1回目を生後12〜15ヵ月、2回目を5歳以上7歳未満で接種することを推奨しています。

(13) ロタウイルスワクチン

 ロタウイルスはノロウイルスと同じ様に胃腸炎の原因となり、下痢、嘔吐、腹痛、白色便といった症状がみられます。ロタウイルスは、外殻蛋白VP7の抗原の違いからG1〜G14の14種類に分けられ、また同じく外殻蛋白のVP4の抗原の違いから20種以上のP型があります。世界で流行するのはG1P(8)型が65%と最多で, G2P(4), G3P(8), G4P(8),G9P(8)を含めた5つの型で90%以上を占めます。
 以前は我が国で使用できるワクチンはロタリックスだけでしたが、平成24年7月からはロタテックも使用できるようになりました。両方とも生ワクチンで4週間の間隔で内服します(経口接種)。一方のワクチンだけを内服し、両者の混合、または交互に内服することは行ないません。
 現在は任意接種で、接種にかかる費用は自己負担です。ロタリックス2回分とロタテック3回分は、ほぼ同じ費用になります。
 ロタウイルスワクチンの内服後(特に3〜4週間以内)に、腸重積の発現率が高いと言われており、頻回の嘔吐やイチゴジャム様の血便があれば、直ちに医療機関を受診しましょう。

ロタリックス
(1価ワクチン)
ロタテック
(5価ワクチン)
効く型 G1P(8) G1P(8),G2P(4),G3P(8),
G4P(8),G9P(8)
投与回数 2回 3回
開始時期 生後6週から 生後6週から
終了時期 生後24週まで 生後32週まで
1回量 1.5ml 2.0ml
初回投与後の便排泄率 35〜80% 9〜20%
重症化への有効性 85% 98%
入院への有効性 85% 95%

(14) インフルエンザワクチン

 インフルエンザウイルスにはA型とB型があり、A型にはH1N1(ソ連型)、H3N2(香港型)などがあります。2009年に流行した新型インフルエンザはブタ型のH1N1でしたが現在では季節型インフルエンザA型の1つとみなされています。A型のH1N1,H3N2などの型やB型の中でも遺伝子の型が少しずつ異なっており、毎年流行するタイプ(=株)が少しずつ変わっています。インフルエンザワクチンは、A型H1N1,A型H3N2、B型の3種類からそのシーズンに流行しそうな株をそれぞれ選んで3つの型を含んだワクチンが作られています。ワクチンを接種しても感染してしまうこともあり、昨年より以前に接種したワクチンも効果が残っていません。それでも重症なインフルエンザ感染症や脳症、心筋炎などの重い合併症を起こさないためにも、インフルエンザワクチンは毎年受けることをお勧めします。
 2011-12年シーズンから小児のインフルエンザワクチンの接種量が増えました。インフルエンザワクチンは生後6ヵ月から接種できますが、6ヵ月以上3歳未満が1回0.25ml、3歳以上が成人と同じく1回0.5mlとなっています。これにより特に乳児ではワクチンの効果が以前よりは期待できます。13歳未満は1回の接種だけではワクチンの効果が弱いため従来通り2〜4週間(4週間が最適)の間隔で2回接種することが勧められています。
 通常のインフルエンザワクチンは任意接種で、通常は全額自己負担となりますが、65歳以上の高齢者と60歳以上で心臓、腎臓、呼吸器の病気や免疫不全のある方は一部の自己負担で接種が受けられます。この高齢者インフルエンザワクチンの接種は10月から1月までの期間に行われます。

(15) A型肝炎

 A型肝炎ウイルスに対するワクチンです。2〜4週間後に2回目、さらに24週後に3回目の計3回接種します。任意接種ですが、わが国では16歳以上が接種対象となります。

(16) B型肝炎

 B型肝炎ウイルスに対するワクチンです。母親がB型肝炎ウイルスに感染している場合には出生した赤ちゃんへの感染予防のために生後2ヵ月時、3ヵ月時、5ヵ月時の3回投与が保険診療で行なわれます。それ以外の場合では任意接種となり有料ですが、父親など他の同居者がB型肝炎にかかっている場合や、大学生や社会人で医療関係に携わる方も接種をお勧めします。また、最近では性行為で感染する例があり小児期に接種を済ませておくべきとの意見や、保育園での他児からの感染の危険性から入園前に済ませた方がいいとの意見もあります。

12.参考文献

・国立感染症研究所感染症情報センターのホームページ
http://idsc.nih.go.jp/vaccine/dschedule.html

・保育所における感染症対策ガイドライン
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/pdf/hoiku02.pdf

・予防接種と子どもの健康(公益財団法人予防接種リサーチセンター)

13.海外渡航をご予定の方へ

(1) 海外渡航時に必要なワクチン

 海外へ出かける場合には、日本とは違う予防接種が必要になります。海外渡航時の予防接種は、黄熱病のように入国時に予防接種証明書が要求されるものと、日本では既にコントロールされているが海外では流行があるため本人又は家族の健康を守るため推奨されているものがあります。

(2) 海外渡航時の予防接種の主なもの

 検疫で要求されるもの  黄熱

(3) 渡航者本人または家族に必要なもの

 破傷風、A型肝炎、B型肝炎、狂犬病、日本脳炎、ポリオ、BCG、ジフテリア、麻しん、風しん、髄膜炎菌性髄膜炎、腸チフス(流行時)

(4) 海外渡航時の予防接種の原則

  1) 時間的余裕を持って接種の計画を立てましょう。
  2) WHOのEPIワクチン(麻しん・ポリオ・DPT・BCG)を最優先とします。
    アジア方面では日本脳炎も優先的に行いましょう。
  3) 現地で必要とされるワクチンは必要です。
  4) 長期滞在であれば、渡航先では現地の接種スタイルに合わせましょう。
  5) 渡航寸前にはワクチン接種を行わないようにしましょう。
     接種終了の目安
     ・生ワクチン 2-3週間以上前
     ・不活化ワクチン 4日以上前
  6) 一時帰国の可能性があるならそのときに追加接種を行うことがあります。

(5) ワクチンについて

1) 黄熱ワクチン
 黄熱は蚊(Aedes aegypti)が媒介するウイルス性の感染症で、熱帯アフリカと中南米で流行がみられます。これらの国では国際予防接種証明書が要求されることがあります。検疫所で確認してください。黄熱ワクチンを接種する機関は検疫所などに限られています。厚生労働省検疫所(FORTH)ホームページhttp://www.forth.go.jp/useful/yellowfever.html をご覧ください。
 ワクチンは1回接種で10年は有効です。

2) 破傷風ワクチン
 破傷風は世界的に分布しています。わが国では1968年から乳児期に三種混合ワクチン(ジフテリア、百日咳、破傷風)が行われています。これを受けていない人は基礎免疫3−8週間隔で3回接種し、更に6−18ヵ月後に追加接種が必要です。
 以前にDPTワクチンを接種している人でも、10年以上経過している人は更に1回の追加接種が必要です。

3) A型肝炎ワクチン
 A型肝炎は食べ物などから経口感染しますが、発展途上国に滞在する場合にワクチン接種が必要です。日本では16歳未満の小児へのA型肝炎ワクチン接種はまだ認可されていません。
 2−4週間隔で2回接種し、更に6ヵ月以上滞在する場合には6ヵ月目にもう一度接種します。

4) B型肝炎ワクチン
 B型肝炎は輸血、注射その他の医療行為、性行為、HBs抗原陽性の母親からの母子感染によっておこります。発展途上国では注射器その他について配慮がなされていないこともあるので注意が必要です。
 4週間隔で2回接種し、更に6ヵ月後に1回接種します。

5) 狂犬病ワクチン
 日本では発生がありませんが、アジア、アフリカ、中南米などで流行しています。狂犬病は犬だけでなくキツネ、アライグマ、スカンク、コウモリなどに咬まれても感染する危険があります。発症した場合はほぼ100%死亡します。
 4週間隔で2回接種し、更に6−12ヵ月後に1回接種します。その後長期にわたり滞在する場合には1−2年に1回追加が必要になります。
 受傷後の発病防止のためには、咬まれた日を0日として、0、3、7、14、30、90日の6回の接種が必要です。また受傷の程度によっては0日にヒト抗狂犬病免疫グロブリンの注射も必要になります。

6) 日本脳炎ワクチン
 日本脳炎はアカイエカによって媒介されるウイルス性疾患です。日本では年間10例以下の発症ですが、東南アジアではいまだに流行しています。東南アジアへ渡航する場合はぜひとも受けることをお勧めします。
 1−4週間隔で2回接種し、1年後に追加接種します。(これで基礎免疫終了)

7) ポリオワクチン
 ポリオはポリオウイルスによって麻痺などの症状を起こします。わが国では1964年から生ワクチン接種(2回投与)が始まり、発症はみられなくなりましたが、南アジア、中東、アフリカなどでは発症がみられ、3回接種が必要です。特に昭和50年―52年生まれの人はワクチン効果が低かったため追加接種が必要です。平成24年9月からわが国でも不活化ポリオワクチンに変更されました。今までポリオワクチン接種歴の不明な方、あるいは昭和50年―52年生まれの方は、不活化ポリオワクチンの3回接種、今まで生ポリオワクチンを2回接種した方でも少なくとも不活化ポリオワクチン1回の接種をお勧めします。

8) BCGワクチン
 わが国では平成14年から小学1年と中学1年のツベルクリン反応とBCG接種が廃止され、平成16年から6ヶ月未満のものに直接BCG接種を行うようになりました。外国ではBCG接種は国によってまちまちです。

9) ジフテリア
 東ヨーロッパ、ロシアに行くときは奨められている。わが国では1968年から三種混合ワクチンとして行われています。12歳でジフテリア・破傷風混合ワクチンが接種されていれば、20歳代前半までは免疫がありますが、それ以後は追加接種が必要になります。

10) 麻しんワクチン、風しんワクチン
 わが国では平成18年から麻しん風しん混合ワクチンの2回接種が始まりました(満1歳と小学校入学前)。米国や欧州などではMMR(麻しん・おたふく・風しん)の2回接種が行われています。特に麻しんは発展途上国に行く場合は生後9ヵ月からの接種が勧められます。

11) 髄膜炎菌ワクチン
 アフリカの西海岸、中央部エチオピアにかけてのサバンナ地域で大きな流行があり「髄膜炎ベルト」と呼ばれています。5歳以下の小児に多いですが、成人の罹患も少なくありません。わが国には髄膜炎菌ワクチンはありません。海外から取り寄せることになります。髄膜炎菌には13の血清型が知られていますが、A群、C群単独とその混合、さらにY、W135を加えた4群混合の4種類のワクチンが使用されています。しかしコレラワクチンは2歳未満には勧められていません。接種は小児、成人共に1回の皮下接種で3-5年持続します。接種医療機関は一部に限られています。厚生労働省検疫所(FORTH)ホームページ http://www.forth.go.jp/moreinfo/vaccination.html をご覧ください。

12) 腸チフスワクチン
 腸チフスとパラチフスは共にサルモネラ属の細菌によって起こる感染症です。症状は下痢と次第に高くなる段階上の発熱、比較的除脈、脾腫、発疹が特徴です。治療が遅れると腸出血や腸穿孔などの合併症を起こし、死亡することもあります。流行地(インド、アジア、アフリカ、中南米の途上国)に長期滞在する人に接種が勧められます。腸チフスワクチンには経口弱毒生ワクチンとVi莢膜多糖体ワクチンがあります。弱毒生ワクチンは腸溶カプセル1個ずつを1日おきに4回食前1時間に内服し、5年毎に追加接種します。Vi多糖体ワクチンは1回接種し、2年毎に追加接種します。接種医療機関は限られています。厚生労働省検疫所(FORTH)ホームページ http://www.forth.go.jp/moreinfo/vaccination.html をご覧ください。

13) コレラワクチン
 コレラはコレラ毒素産生性のコレラ菌による感染症で、激しい水様下痢を特徴とし、典型例では米のとぎ汁用の便を大量に排出し、急激な脱水により末梢循環不全に陥り、治療が遅れると死亡します。東南アジア、インド、アフリカ、南米等に常在しています。現在ワクチンは2種類あり、一つは全菌体死菌・リコンビナントワクチン(WC/rBS)経口ワクチンで10−14日間隔で2回接種します。もう一つは弱毒生ワクチンでCVD103-HgR経口ワクチンで1回接種します。接種医療機関は限られています。厚生労働省検疫所(FORTH)ホームページ http://www.forth.go.jp/moreinfo/vaccination.html をご覧ください。


ページの上へ



東京都医師会からのお知らせ

  • 休日・夜間診療案内
  • 知っておきたい予防接種のお話
  • 東京都南新宿検査・相談室(エイズ検査・相談)

新東京都医師会館のご案内はこちらをご覧ください。